Star cursor
Close

想像力豊かで明るく、新しいことを知るのが大好きなアビー・カダビー。妖精の国からやってきた、訓練中の妖精です。少し自信家でクリエイティブなアビーは、自分の住む世界を知るために、いろいろなことに挑戦します。魔法の練習だって欠かしません。まだ訓練中なので、誤ってモノをカボチャに変えてしまうこともあるけれど、根気強く魔法を練習します。

妖精のアビーはおとぎ話も大好きで、たくさんの話を知っています。リズムの良い言葉を使って話すことや、読み書きを覚えること、数を数えることなども、セサミストリートで学びました。かわいいドレスと、キラキラの髪型がポイントのアビーは、お友だちのゾーイやロジータと一緒に女の子パワーを発揮します。

1本眉が特徴のバート。少し短気なところがあるけれど、とっても真面目で責任感が強い男の子です。ペットのハト「バーニス」と一緒にチェス盤を使って「チェッカーズ」というゲームをしたり、ペーパークリップやペットボトルのふたを集めるのが大好きです。ブラスバンドも好きで、バートもチューバを演奏します。

バートの大親友といえばアーニー。アーニーのいたずらやジョークに困らせられることも多いけれど、心優しいバートはいつもアーニーを許してしまいます。そんなバートとアーニーのコンビは、子どもたちに分かち合うことや協力することの大切さを伝えます。また、2人が試行錯誤しながら解決策を見つける姿は、子どもたちにとって、きっと貴重なレッスンになるでしょう。

無邪気で好奇心の強いビッグバードは6歳。身長が250cmもあります。セサミストリートがはじまった当初から登場している男の子です。大親友のスナッフィーを始め、コミュニティーのみんなの感情に寄り添い、共感し、助けが必要なときは一番にかけつけます。最愛の友だちであったフーパーさんが亡くなったとき、自分の悲しみを乗り越えるととともに、子どもたちへ「人の死」ということにどう向き合うと良いかを示しました。

そんなビッグバードは、踊ったり、本を読んだり、いろいろなものを集めるのが好きです。ローラースケートやスポーツ観戦もします。物事が思い通りにいかないと少し焦ったり、動揺したりしまいますが、粘り強く、熱心に解決策を見つけ出すこともできます。

クッキーが大好きなクッキーモンスター。とっても愛橋のあるモンスターです。「クッキーは果たしてどこから来たのか?」というような哲学的な問いかけをしたり、クッキーについての詩を作ったりします。自分の感情に素直で、クッキーがなくなると悲しさを抑えきれず泣いてしまうこともあります。

そんなクッキーモンスターは、衝動的な欲求をコントロールすることが少し苦手です。しかし最近は、大好きなクッキーを我慢して健康的な食べ物を選ぶ、など、健康的な生活を学習する中で、我慢することを覚えました。また、お友だちのエルモやアビーにクッキーを共有するなど、お友だちのことも考えることができます。

3歳半の真っ赤なモンスター。いつも元気いっぱいで、思わずつられてしまうようなクスクス笑いが特徴です。好奇心旺盛で、絶えず新しい世界を発見します。そして、セサミストリートで起こる様々なことに興味を持ちます。全てを乗り越えられるような知識やスキルはまだないけれど、エルモはいつも楽観的に物事を捉え、学ぶことをやめません。

エルモが最初に登場したのは1979年。しかし、1980年から1981年の間は名前も無く、ただ「小さなモンスター」として知られていただけでした。彼の存在や個性が発揮され始めたのは、1985年放送の番組にて「ケビン・クラッシュ」が操演を始めてからです。クラッシュが、そのトレードマークとも言うべきクスクス笑いと前向きな姿勢を生み出しました。

無邪気で天真爛漫なアーニーは、大親友のバートにいつもいたずらをします。また、ふと浮かんだ疑問や感情を、いつもバートと分かち合おうとします。寝ている時も容赦ありません。バートをたたき起こし、話を聞いてくれるまでおしゃべりを続けます。そんなアーニーの想像力の豊かさと失敗や間違いを恐れない姿勢は、長年セサミストリート でとっても愛されています。

アーニーの好きなことは、歌ったり、楽器を引いたり、ラバーダッキーとお風呂に入ることです。アーニーは、バートと一緒に、友だち同士の共通点や違いを尊重すること、他者の視点から物事を捉えることを伝えます。

グローバーは、青色の社交的なモンスターです。愛嬌があり、お茶目で、一生懸命物事を達成しようとします。そんなグローバーは、自信と好奇心、忍耐力の持ち主です。間違いや失敗をするとわかっていても、新しいことに挑戦したり、冒険したりすることを楽しみます。

また、グローバーは友だちに寄り添い、助けることができる優しい男の子です。スーパーグローバーとなり、困っている友だちのもとへ飛んで行き、手助けをします。状況をよく観察し、証拠を集め、問題解決に取り組みます。

虹やキャンディー、チョコレートなど、みんなが好きなものが苦手なオスカー。不機嫌でいることが、オスカーにとってハッピーなのです。逆に、ハッピーなことがあると、不機嫌になってしまいます。オスカーは、騒音やガラクタ、言い合いや雨の日など、他の人が好きではないものが好きです。

 

しかし、そんなオスカーにも優しい一面があります。ペットのスライミーやフラッフィー、メッシーのお世話を忘れません。また、オスカーのゴミ箱の中は整理されていないけれど、リサイクルできるものや再利用してできたものでいっぱいなのです。そんな地球に優しいオスカーですが、褒めるとやめてしまうので内緒にしておきましょうね。

ロジータは、元気いっぱいでいつも明るいキャラクターです。フルネームは「ロジータ・ラ・モンストゥルア・デ・ラス・クエヴァス」、洞窟のモンスターと言う意味です。メキシコ出身で、スペイン語と英語の両方を話します。

ロジータは、心優しく気遣いが上手な女の子で、よくハグをしてお友だちに寄り添います。歌をうたったり、ギターを弾いたり、英語とスペイン語の本を読んだり、話を書いたりするのが好きです。自分の家族や生い立ちについて、よく友だちに話しています。エルモやアビー、ゾーイは、よくロジータからスペイン語を習います。

テリーモンスターは、やや心配性で、すべてのことに一生懸命取り組むモンスターです。緊張やイライラなど、感情をコントロールするために、友だちの助けが必要な時もあります。しかし、自分が落ち着く方法を見つけるために、集中して、忍耐強く取り組みます。

テリーモンスターは、三角形が大好きです。親友であるベビーベアとの関係を通して、友人関係にも良い時と悪い時があること、お互いをわかり合うために努力が必要なことを学んでいます。

ゾーイは、歌とダンスが大好きな元気いっぱいの女の子です。突飛な想像力の持ち主で、「ロッコ」という石のペットがいます。自信家で意思が強いですが、怒りや悲しみなど強い感情をコントロールするために、友だちの助けが必要な時があります。

ゾーイは、1993年に登場しました。「性別の違い」というテーマのもと起用されました。怖いもの知らずのゾーイは、女の子だけではなく、すべての子ども達にとって最良のお手本になるでしょう。

トランシルベニア出身のカウント伯爵。目につくものは数えずにはいられません。なんでも数えてしまうのです!毎日の生活の中で数字や算数に関することを見つけ、数字の面白さを伝えます。また、カウント伯爵は、社交的で親しみやすく、セサミストリートのみんなと友だちです。