Schedule

Summits & Workshops
2020 - 21

2021年1月30日: 4th Sesame Street Education Summit Online

セサミストリートジャパンは、第4回目となる Sesame Street Education Summit をオンライン開催します。 今回は「オンライン学習の将来」をテーマに、日米のUXデザインやコンテンツ戦略、カリキュラムデザインの専門家が登壇。 それぞれの重要な分野が連携し、子どもたちに安全な、そしてエビデンスに基づいた学習コンテンツと環境を提供するためにはどのような仕組みや研究が必要なのか。 セサミストリートが日本の学校向けに展開しているセサミストリートカリキュラムを事例にあげて議論します。

Sesame Street Japan is hosting the fourth Japan Education Summit on Saturday, January 30th. Held entirely online, this forth summit will focus on platform UX, content curation, and curriculum design, with U.S. and Japan-based field experts invited to discuss the future of online education. Attendees will examine how these critical components can complement one another and help families adjust to the new normal by creating a safe, evidence-driven and scalable learning environment utilizing the Sesame Street whole-child Curriculum, the first of its kind for Japanese schools.

参加登録はこちらから・REGISTRATION OPEN


イベントの詳細

開催日 日本時間2021年1月30日(土)​/ 東部標準時EST 2021年1月29日(金)
時 間 日本時間9:00 AM – 12:00 PM /東部標準時EST 7:00 PM – 10:00 PM​
場 所 オンライン(ZOOMウェビナー)
言 語 日本語と英語(通訳あり)​
参加費 無料​

Date: January 30th, 2021, Japan Time / January 29th, 2021 EST
Time: 9:00 AM – 12:00 PM Japan Time/ 7:00 PM – 10:00 PM EST
Where: Online (ZOOM Webinar)
Language: Japanese and English (translation available)

タイムスケジュール Schedule (日本時間・Japan Time)

8:45 – 9:00 ZOOM ウェビナー開場
ZOOM open to the public
9:00 - 9:30 開会・挨拶
Opening Remarks
Michael Turner, Culture and Sports Attaché, U.S. Embassy Tokyo
Paul Miles, Executive Officer, Head of Corporate Affairs, MetLife Insurance K.K.
9:30 - 9:40 リサーチとコンテンツ制作に関するセサミストリートモデルの紹介
A Brief Introduction to Sesame Street Model, from research to content production
早稲田大学人間科学学術院 教授 井上 典之
Noriyuki Inoue, Ph.D., Waseda University
9:40 – 9:45 スピーカー紹介
Keynote Speaker Introduction
9:50 – 10:10 キーノート1: 「リサーチとUXデザイン:ユーザー体験の変化」
Keynote 1: "Research and UX Design: Changes in User Experience"
Google Play, UX リサーチリード, ジェニファー・コトラー・クラーク, Ph.D
Jennifer Kotler Clarke, Ph.D., UX Research Lead, Google Play
10:15 – 10:35 キーノート2: 「オンライン教育におけるコンテンツ戦略:オンライン学習の変化」
Keynote 2: "Content Strategies in Online Education: Changes in Online Learning"
Coursera, ヘッド・コンテンツストラテジー, シーラ・リー・カーツ
Shira Lee Katz, Head of Content Strategy, Coursera
10:40 – 11:05 キーノート3: 「カリキュラムデザイン:カリキュラムと導入における変化」
Keynote 3: “Curriculum Design: Changes in Curriculum and Implementation”
セサミストリートヘッドティーチャー 為田 裕行
Hiroyuki Tameda, Sesame Street Head Teacher, Curriculum Designer and Trainer
11:10 – 11:45 パネルディスカッション
Panel Discussion
「それぞれの分野から見た、これからのオンライン学習と学習環境の在り方」
"Future of Online Education from each respective field"
11:40 – 11:55  質疑応答
Q&A
11:55 – 12:00  閉会
Closing

プロフィール(登場順) Profile ( in Order of Appearance )

メットライフ生命保険株式会社 執行役員 常務 コーポレートアフェアーズ部門長 ポール・マイルズ
Paul Miles, Executive Officer, Head of Corporate Affairs, MetLife Insurance K.K.


ポール・マイルズはコーポレートコミュニケーション、CSRおよび政府渉外を含むメットライフ生命のコーポレートアフェアーズ部門を担当。国内外の複数の業界で経営企画、事業開発、マーケティング、コミュニケーションなどの経験を有す。横浜生まれ。コーネル大学卒業、アメリカン大学と立命館大学で修士課程修了。

Paul Miles is the Head of Corporate Affairs at MetLife Japan, overseeing Corporate Communications, Corporate Social Responsibility and Government Relations. His experience spans multiple industries at both international and domestic firms in corporate strategy, business development, marketing and communications. Paul was born in Yokohama, Japan and has a BA from Cornell University and an MA in International Affairs from American University and Ritsumeikan University.


アメリカ大使館の文化・スポーツ交流担当官 マイケル・ターナー
Michael Turner, Culture and Sports Attaché at the U.S. Embassy, Tokyo


マイケル・ターナーは、アメリカ大使館文化・スポーツ交流担当官として、日米間の教育交流プログラム、文化活動、グラスルーツ広報などを担当している。日本の前の赴任先は、バンコク、ラングーン、トビリシ、名古屋、ワシントンDCなど。テキサス州サンアントニオ生まれ。テキサステック大学で学士号、ニューヨーク大学で英語教授法の修士号を取得。家族は妻と3人の子供。

Michael Turner is the Culture and Sports Attaché at the U.S. Embassy, Tokyo. He oversees educational exchange programs, cultural activities, and grass-roots outreach. Michael’s previous assignments include Bangkok, Rangoon, Tbilisi, Nagoya, and Washington, DC. Michael was born in San Antonio, Texas and has a BFA from Texas Tech University, and a MA in TESOL from New York University. Michael is married with three children.


早稲田大学人間科学学術院 教授 井上 典之
Noriyuki Inoue, Ph.D., Waseda University School of Human Sciences


ハーバード大学教育学大学院修士課程卒業(教育工学)。コロンビア大学教育学大学院博士号Ph.D.取得(教育心理学)。 専門は教育心理学。認知・発達心理学的な方法論をベースに教育・学習心理、教育システム開発・改善に関する様々な研究活動を行う。 これまでに論文を発表してきた研究テーマとしては問題解決型の授業実践に必要な教師の専門技能・認知プロセスについての研究、 教育システム開発・改善のためのアクションリサーチ研究、心理学的アプローチによる数学的思考・探究型問題解決についての研究、 日米の教育認識論比較の研究などがある。

Noriyuki Inoue, PhD. is a professor of Human Sciences at Waseda University, who specializes in educational psychology and educational research methods. His recent research focuses on action research methodology, Japanese lesson study, inquiry-based teaching, teacher expertise development, educational innovations, cultural educational epistemology and motivation to learn. In collaboration with Education Development Center in New York, he has executed two research studies for Sesame Workshop: Evaluation of Sesame Workshop’s Dream, Save, Do Program in Japan, and Sesame Street Online Course for Families. He will continue to help execute a research with broader population on how this new online course can support learning of children and their families.


Google Play, UX リサーチリード, ジェニファー・コトラー・クラーク, Ph.D
Jennifer Kotler Clarke, Ph.D., UX Research Lead, Google Play


ジェニファー・コトラー・クラーク(ジェン)は、幼少期から青年期の子どもとの関わりと、メディアやテクノロジーを活用した学習を専門とする社会科学者。現在、Kids and Family and Google Play(子どもと家族とグーグル・プレイ)のリサーチチームを率い、あらゆる手法を混合したリサーチから得られる知見を活用しながら、世界中のアンドロイドユーザーや開発者たちへ豊かで快適な教育的体験を作り出すことをミッションとしている。グーグル入社前は、セサミワークショップに16年間勤務し、コンテンツリサーチと評価部門のヴァイス・プレジデントを務めた。テキサス州立大学オースティン校にて児童発達学の博士号を取得し、Society for Research in Child Development にてEquity and Justice committeeの委員を務めている。

Jennifer Kotler Clarke (Jen) is a social scientist with expertise in children and adolescents’ engagement with and learning from media and technology. She currently leads the Kids and Family and Google Play research teams. Her team’s mission is to use use insights from mixed-method research approaches to help craft delightful, enriching and educational experiences for Android users and developers around the world. Prior to her role at Google, Jen served as the Vice President of Content Research and Evaluation at Sesame Workshop, where she worked for 16 years. Jen received her PhD in Child Development from the University of Texas at Austin and is a member of the Equity and Justice committee of the Society for Research in Child Development.


Coursera, ヘッド・コンテンツストラテジー, シーラ・リー・カーツ
Shira Lee Katz, Head of Content Strategy, Coursera 


シラは、多様な人々や学習スタイルに対応する教育のかたちに関心を持つ。現在は、先進的なオンライン学習プラットフォーム「Coursera(コーセラ)」にてコンテンツ戦略の責任者を務め、会社の「未来を創り出すレーダー」として、複雑なデータ信号を用いながら注目度の高いトピックスを特定し、新しいコンテンツの形式を促進するチームを率いている。Coursera(コーセラ)に入職前は、Netflix Kids(ネットフリックス・キッズ)の戦略リーダーとして先進的な製品の開発に携わり、その前のCommon Sense Media (コモン・センス・メディア)では、教育シニアディレクターとして、EdTechや顧客ラーニング・レビューチャンネルなどの立ち上げ、「K-12 digital citizenship curriculum(5〜18歳のデジタル・シティズンシップ・カリキュラム)」の開発を担当した。ミシガン州立大学にて学士号を取得後、ハーバード大学教育大学院にて博士号を取得している。

Shira is interested in forms of education that serve a diverse array of people and learning styles. Currently she is Head of Content Strategy at Coursera, a leading online learning platform. Her team is the company's "forward-looking radar," using complex data signals to identify hot topics and catalyze new content formats. Before Coursera, Shira was a strategic lead for Netflix Kids, where she focused on product innovation. Prior to that, she was Senior Director of Education at Common Sense Media, where she launched their edtech and consumer learning review channels, and created their K-12 digital citizenship curriculum. Shira’s academic roots include a Bachelor's from the University of Michigan and a doctorate from the Harvard Graduate School of Education.


セサミストリートヘッドティーチャー・カリキュラムデザイナー兼トレーナー 為田 裕行
Hiroyuki Tameda, Sesame Street Head Teacher in Japan, Curriculum Designer and Trainer  


教育カリキュラムの設計や学校・自治体・企業向けの研修を行うフューチャーインスティテュート株式会社の代表取締役。幼稚園、小学校、中学校、高校においての授業サポートや教材開発に携わり、これまでに教育番組「セサミストリート」などを含むさまざまな教育メディアやテクノロジーの監修を担当。現在もセサミストリート・ヘッドティーチャーとして、セサミストリートカリキュラムの教育監修を行なっている。慶應義塾大学総合政策学部を卒業。教育ICTリサーチブログにて活動の様子を発信中。

Hiroyuki Tameda is the president of Future Institute Corporation, a consultation firm which specializes in curriculum design and training services for schools, districts, and corporations in ​the education sector. He has designed and supervised the creation of various teaching materials for students ranging from kindergarten to university levels and advised on the development of various technology and media projects including the co-production of Sesame Street in Japan and continues to serve as the head teacher and curriculum designer for ​the Sesame Street Curriculum initiative.


主催

セサミワークショップ 
セサミワークショップは、1969年から子どもたちに良質な教育を届けてきた先駆的なテレビ番組「セサミストリート」等の教育メディアを制作している米国の非営利団体です。世界中の子どもたちがかしこく、たくましく、やさしく育つよう支援するという理念を掲げ、革新的な変化を創る原動力として現在は160以上の国や地域で活動しています。厳密な調査研究を重ね、多様なメディア、公教育、慈善活動などを通じて、そのコミュニティーのニーズや文化にあったコンテンツを子どもたちへ届けています。セサミストリートジャパンは、セサミワークショップの日本法人です。sesameworkshop.org , sesamestreetjapan.org .

Sesame Street Japan is a subsidiary of Sesame Workshop, the nonprofit media and educational organization behind Sesame Street—the pioneering television show that has been reaching and teaching children since 1969. Today, Sesame Workshop is an innovative force for change, with a mission to help kids everywhere grow smarter, stronger, and kinder. We are present in more than 150 countries, serving children through a wide range of media, formal education, and philanthropically-funded social impact programs, each grounded in rigorous research and tailored to the needs and cultures of the communities we serve. sesameworkshop.org , sesamestreetjapan.org .


スポンサー

メットライフ財団
メットライフ財団について メットライフ財団は、世界中で低・中間所得者層の人々の支援に注力し多くの機会を提供しています。 非営利団体や社会的企業と協働し、ファイナンシャル・ヘルスの課題解決と、より強固な地域社会の構築をめざし、 メットライフの社員が支援活動に参加しています。これまでに、42カ国1,340万人以上の低・ 中間所得者層の人々にファイナンシャル・ヘルスに関わる支援を実施しています。 metlife.org.

At MetLife Foundation, we are committed to expanding opportunities for low- and moderate-income people around the world. We partner with nonprofit organizations and social enterprises to create financial health solutions and build stronger communities, while engaging MetLife employee volunteers to help drive impact. Our financial health work has reached more than 13.4 million low- and moderate-income individuals in 42 countries. To learn more about MetLife Foundation, visit metlife.org.

在日米国大使館
米国大使館の広報・文化交流部は、米国政府および在日米国大使館のための開かれた外交(パブリック・ディプロマシー)を行っており、その活動内容は、報道関連、情報提供、文化・人物交流、および教育・留学促進など多岐にわたっています。本プログラムは、米国政府の助成金を受けております。 jp.usembassy.gov.

The Public Affairs Section of the U.S. Embassy Tokyo handles all aspects of public diplomacy for the United States government and U.S. Embassy in Japan. Public diplomacy covers a wide range of programs and activities in press, information, culture, and education. The funding for this program was provided by the United States government. jp.usembassy.gov.