Star cursor
Close

 ホーム / 多様性とインクルージョン / 記事 / 「素晴らしい」を見つけよう!

「素晴らしい」を見つけよう!

お子さんと「自閉症」 について話しましょう。

  • お子さんが、自分と他者の違いに興味を持つのは自然なことです。私たちはみんな違いま す。 誰一人として同じ人間がいないことの素晴らしさを伝えましょう。
  • お子さんとあなた(保護者の方)の脳も、働き方が違います。ひとりひとりの異なる脳の働きが、「あなたらしさ」を形成するのです。周囲の環境を理解するために、脳がとても重要な役割をしていることを話しましょう。
  • 私たちは、五感を使って得た情報を脳で処理し、理解しています。自閉症の特性があると、その処理の過程が違い、特性がない人のように話したり、 聞いたり、 理解したり、遊んだり、学んだりすることが難しくなります。五感を使うことに関しても、脳の働きが関係し、敏感または鈍感になったりします。自閉症の人の中には、ビデオの内容をとてもよく覚えていたり、 絵を描くのが上手だったり、読書が得意な人がいることを紹介しましょう。
  • 自閉症の特性があるからといって、みんな同じではありません。みんな違います。自閉症のない子どもたちと同じであることを伝えましょう。
  • 何か「知っていること」や「欲しいもの」を伝える時、口で伝えるだけが手段ではないことを話しましょう。自閉症の子どもたちは手助けが必要なものに手をのせたり、何度も同じ言葉を繰り返したり、絵や音を使ったりして、意思を伝えます。
  • 手をパタパタさせたり、体を揺らしたり、音を繰り返し発したりしているお友だちを見たことがあるかもしれません。そのお友だちは、頑張って心を落ち着かせようとしていたり、何かに興奮しているのかもしれません。